トップページ > ビジネス > 港湾サービス

港湾サービス

| 入出港・荷役関連 | 国際海上コンテナ関連 | CIQ関連 | 福岡アジアビジネス特区関連 |

入出港・荷役関連

●364日24時間入出港・荷役が可能

●国内主要港の中で、最も低廉な港湾施設使用料の設定
 博多港では、国際競争力の強化を図るため、入港料や岸壁使用料、ガントリークレーン使用料など、国内主要港の中で最も低廉な港湾施設使用料を設定し、港湾コストの削減を図っています。
博多港の港湾施設使用料一覧はこちら

●大型船の航路規制を大幅に緩和
 博多港東航路(水深14m、幅員400m)の供用に伴い、大型コンテナ船の航行規制を大幅に緩和し、一層の安全確保とコスト削減、リードタイムの短縮を実現しました。

●博多港EDIシステムによる電子申請と情報提供
 博多港では、インターネットに接続したパソコンを使って、港湾諸手続の申請や情報照会を24時間リアルタイムに行うことのできる電子申請システム(博多港EDIシステム)を導入しています。
 また、平成24年3月には、NACCS(港湾サブシステム)との連携を強化したことで利便性がさらに向上しました。
くわしくはこちら



| 入出港・荷役関連 | 国際海上コンテナ関連 | CIQ関連 | 福岡アジアビジネス特区関連 |

国際海上コンテナ関連

●日本海側で唯一、北米への基幹航路が寄港。東南アジア・中国・韓国も充実
最新の国際コンテナ航路表はこちら

●上海と博多を28時間で結ぶ、日中間初の高速Ro-Ro貨物船就航
くわしくはこちら


●日本最先端の貨物情報サービス(博多港物流ITシステム[HiTS ver.3])の提供
 博多港利用者のコンテナ物流業務に必要な情報の共有化、電子化、一元化によって、より高度な港湾情報サービスを提供します。
くわしくはこちら



|
入出港・荷役関連 | 国際海上コンテナ関連 | CIQ関連 | 福岡アジアビジネス特区関連 |

CIQ関連

●植物防疫所の執務時間の延長
 博多港では、植物検疫の24時間365日化の対応に向けて、コンテナ貨物輸入検疫業務の執務時間を大幅に延長しています。また、土・日・祝祭日も対応しています。
くわしくはこちら

●税関の執務時間外における通関体制の実施
 博多港では、税関の執務時間外における通関体制を本格実施しています。また、相乗効果をあげるため、通関業者からの事前予約に基づき、時間外のコンテナ搬出業務の取扱いも実施しています。
くわしくはこちら

●税関大型エックス線検査場の稼働
 香椎パークポートに大型エックス線コンテナ検査装置を備えた「門司税関博多地区国際貨物検査センター」が稼動。コンテナ貨物の検査時間の大幅な短縮に大きく貢献しています。



| 入出港・荷役関連 | 国際海上コンテナ関連 | CIQ関連 | 福岡アジアビジネス特区関連 |

福岡アジアビジネス特区関連

●主な実施済みの事業
公有水面埋立地の用途変更や権利の移転・設定の許可手続きを緩和。
自動車回送運行時の仮ナンバーにビニール製プレートを使用し、取付方法も柔軟化。

Copyright (c) 2004-2006 Port & Harbor Bureau, Fukuoka City Hakata Port Promotion Association